当ブログの今後の目標ととりあえず目先の方針について!!

スポンサーリンク




まず大まかに2つほど、掲げております。

1つはグーグルアドセンスの審査を通過する事、このブログが規約違反が無くてオリジナルでありコピペやリライトなどを含まないと、グーグルお墨付きを貰うことですね。

2つ目はアマゾンのアソシエイトプログラムの認証です。犬は散歩が基本必要です、そのため外で済ましてくれるので、記事を書いている中情報は出てきませんでしたが、猫に関しては基本室内飼いだと家にトイレが必要です。

日本性の猫砂製品やシート製品だと消臭や固まる製品など、利便性や消臭性を追及してそれがキッカケで、気管支が粉末により咳やクシャミといった反応を示している場合があるようです。

猫アレルギーと思い込んでしまい、実は利用している製品が擬似的なPM2.5やアスベストのような物で、それに反応してるパターンがあるみたいなのですね。人間だけばかりか猫ちゃんにもよくない話ですよね。

そのためそれをリサーチして商品紹介、思い当たる節はありませんか?と啓発啓蒙していく目的もあるので、消費画像リンクを貼れるようにアマゾンのプログラム認証を受けたいと思ってます。

上記2つがとりあえず、当面の目標となっております。

 

グーグルアドセンスの審査基準に関して!

グーグルアドセンスは規約違反がなければオリジナルコンテンツ、そして人々の有益性のあるコンテンツに審査がおりるものです。

今は猫ブームなため様々な猫ブログが巷には満ち溢れております、飼い猫の可愛さをPRするものから猫の飼い方ハウツーブログ、そして当ブログのような情報発信ブログといったいろいろなパターンがあります。

ちなみに当ブログのオリジナル性は猫と化学物質過敏症や香害問題で、アロマ以外にも強い香料が危険として日本の日用品に満ち溢れているマイクロカプセル香料柔軟剤や洗剤への情報発信を取り組むという形で独自色を出して行きたいと考えてます。

私自身持病で別にブログを持っておりますが、それら同病者の傷病ブログをでは、必ずお約束のようにペットへの香害問題が語られております。しかしペットメインではリサーチする課程で見た記憶が無い、まあしているブログはあるのかもしれないけど、上位にはいないだけかもしれません。

その場合、認証がおりないという形で判明するかもしれませんね(^^;)。

 

 

アマゾンアソシエイトについて!

これは犬のテーマ記事のときから色々書いていて、思うところもあり、また自分の傷病を経験して絶対に必要だなと考えていた部分ですが。

栄養事情が改善されて長生きするようになったのはいいですが、今度は添加物問題や化学物質の問題が出てきます。恐らくペットフードからの問題は、それほど深刻か?と言われればそれほど酷い!という背景は無いように考えます。

ただ猫や犬の化学物質過敏症や香害による癲癇など、出てきている現状があります。そのため一度発症したらその部分を配慮してあげる必要があるので場合により手作りで対応してあげている飼い主さんもおられるようです。

無添加や手作りなどは毛の艶をはじめ、糞尿の臭いが酷くなくなるなど様々な効果が猫や犬にあるようで侮れません。そして手間はかかりますが、購入するより安く済む場合もあります。

途中の下ごしらえや出汁をとる段階まで飼い主の食事と一緒に調理して途中から猫用と分けて作るなど、節約や効率化にも繋がる場合があるので、意外とこの点はメリットが豊富なようです。

また最初にふれた猫砂による、化学物質的反応で猫アレルギーと勘違いする事例!

これに関して安心な製品を紹介するためにも、アマゾンアソシエイトは絶対ではないけど、出来れば審査に通りたいあたりですね。

すでに掛け持ちブログで2つとも審査に通っているので、そこまで厳しくはならないだろうとは思っているのですが、万が一がありますからね。

とりあえず現段階の目標を2つ御知らせいたしました。

 

少しでもよりよい生活へ!

品種改良により猫や犬も昔と同じ飼い方の感覚でいたら、大変なことになったり事故じみたアクシデントを招く危険があります。

そのため様々な情報を扱っていく必要を感じております。

結果として大御所犬猫ブログさん達も、猫や犬の化学物質過敏症や香害問題に着手して啓発に関ってくれるなど、認知度の向上に繋がるような結果になればいいかなと思っております。

ならなければならないで、それが当ブログ最大の独自性でオリジナルティになるだけですからね。

  1. そのうち記事にしますが「猫のきもち」のレノア問題を取り上げたいと思います。

    これには大激怒して購読を解約した飼い主さんも多かったようです。なぜなら同封の猫餌に凄い移香していたようで、猫にアロマや香料が危険って知らないのか!と悪い意味で大反響だったんですよね。

  2. たまに犬の話題も出します。

    化学物質過敏症や香害は猫だけじゃなくて、犬にもおきている問題です。そのため猫と犬、両方にふれて話題にする形になるかと思います。

  3. 動物は人間よりも強い嗅覚で、その嗅覚から縄張りを認識する生き物である!

    香料の問題は深刻です。そしてイソシアネートやPM1.0以下のマイクロカプセル香料は確実に肝臓へダメージを与えます、餌による塩分事情がなくなり人間の食べ物を与えなくなったのに肝臓疾患があるペットは高確率で香害被害者です。

できる事なら穏やかに最後は看取りたいですよね、平均寿命が延びている事から「ペットロス症候群」というメンタル的な飼い主のダメージも深刻化しております。最後が苦しそうなものなら、それもまた記憶に深く刻まれる事でしょう。

東条

これは私の考えですが、最後は苦しそうなペットを人間の考えで薬で楽に逝かせてあげよう。というものじゃなく、自然に目を閉じて安らかに逝かせてあげたいと思っております。

 

まとめ

とりあえず、雑談と言う形で目先の目的の2つの目標をお話しました。

しかしペット用品もそら消臭でこれだけ傾向してきたら、人間みたいに影響が出てくるはずですよね。人間より体の小さい小動物の方が影響が出やすいといわれている分野というか世界ですから。

ちなみにノミ取りとか抗菌用の首輪とかも酷いようです、場合によって人間にも影響が出るケースとかあるようですよ。後々取り上げますね、この手の商材はレビューなどもあるので引用転載という形で引っ張ってこれますから。

だから肝臓疾患とか患っている子が多いんですね。では一応今後の流れを御知らせします。

  1. グーグルアドセンス審査!
    (ちなみに5記事とかで通った事例があるので、サイト追加という形なので既に申請中です。)
  2. アマゾンアソシエイト申請!
    (恐らくできたてなので、追加申請と言えPV数や閲覧者が少ないと見なされ許可が下りないかと思われます。アドセンスの結果が出て、最低閲覧数10を下回らないようになったぐらいに申請しようかと思います。)

 

2はあくまで目安ですね。1は見た人の役に立つかどうか、オリジナルでコピーやリライトコンテンツでないか?が重要視されるので、似たサイトがあれば落ちる可能性もあります。

一応コピペツールでチェックはしているので大丈夫かとは思うのですが、ダメだった場合はコンテンツ不足の可能性が高いでしょうね。

ただ一般的に見た人の役に立つというのがQ&A、問題提起に対してAが理想系なんで、このあたり啓発生が強いとどう転ぶか分からないんですよね。前のサイトもそれで2週間以上かかりましたしね

最後までお読み下さりありがとうございました、進展があれば御知らせしたいと思います!

今後とも当ブログをよろしくお願い致します!

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

初めまして、東条 司と申します。男性で平成元年生まれで今年三十路となります。犬と猫なら猫派です。 持病は化学物質過敏症を始めとして、合併症として線維筋痛症、筋痛性能脊髄炎/慢性疲労症候群、脊椎関節炎、躁うつ病などを持っております。そのため、就職して働く事が難しくクラウドソーシングや在宅ワークノウハウを駆使して収入を得ております! ちなみに名刺の肩書きはフリーライター兼クラウドソーサーとなってます。自分の事で手一杯で単身の一人暮らしです(^^;) 昨年、自分の幼少期と供に育ってきた猫が虹の橋を渡りました。25歳の大往生です。身体が昔から弱くてこの子は長生きできるのだろうか?と常に心配していたメス猫でしたが、まさかここまで長生きしてくれるとは思っても見ませんでした。