ご紹介したい保護猫団体「ツキネコ北海道」永年預かり制度!

スポンサーリンク




動物管理センターで飼い主の引き取り手をまつ猫たちの画像を見ながら、ちらほらあるのが「飼い主高齢により遺棄」「飼い主病気により遺棄」この文字である。

ペットが長生きするようになり、人間の側が持ちこたえられなくなり手放さざるを得ない状況になってしまったという状況が起きる事例が増えているのです。引越しや転勤を理由に手放す事例とかありましたが、これも無責任かと思えば環境が変わるというのは猫にとってストレスです。

それが長距離での移動を伴い海を越えたり、する場合、現地の環境を見ることも出来ないまま移るなら安易に連れて行くと猫が病気になったり、環境に適応できない場合もあります。一番は信頼できる人や身内に託して預けられるひとに、お願いするのが一番です。

しかし親族や人間関係が今は希薄な時代、それほどのお願いを出来る人脈が無い人が増えてます。そのため保護猫団体や場合によって保健所に手放さざるを得なくなっているのです。

例えば犬なんかは散歩の必要があり、老後の健康保持の目的で飼ったとしても身体を壊して散歩させてやれなくなるなど、想像がしやすく飼わない決断を取りやすい生き物ですしかし猫は手間がかからないので、どうしても手を出してしまいます。

そして中途半端に育てて自分がダメになって手放すのです、無責任だ!最初から飼うなと怒る人もいます。

じゃあ諦めるしかないのか、そこで活気的なシステムを作ったのがNPO法人「ツキネコ北海道」の「永年預かり制度」です。

永年預かり制度:転載「ツキネコ北海道」HPより

ツキネコ北海道独自のシステム 「永年預かり制度」をご利用しませんか?

  猫と暮らしたい
でも年齢を考えるともう飼えないわ・・・
高齢な為、譲渡を断られてしまった・・・そんなあなたに預かってほしい猫がいます

ツキネコ北海道が考案した【保護猫の永年預かり制度】は、
高齢や持病など様々な理由により飼育をあきらめてしまった方に、
猫を「飼う」のではなく、
しかるべき準備をしていただいたうえで、
お世話が出来なくなるその時まで、
猫を「預かる」という新しいシステムです。

預かっていただく猫は選ぶことは出来ませんが、ご自身に合った猫をマッチングいたしますのでご安心ください。

※通常の飼育と変わりなく、預かる期限は決まっていません。
万が一、ご自身に何かあり飼育困難になった際は再度引き取りいたします。

預かっていただく為には、担当スタッフとの面談が必要になります。
スタッフまでお問い合わせください。
(TEL:011-641-8505・ツキネコカフェ)

メールでのお問い合わせは返信できかねますので、お電話もしくはツキネコカフェご来店の際にスタッフにお声がけください。

これは少しでも保護できる猫のキャパを広げようと、引き取って貰わなくていいから一時預かってくれという形で形式的に猫が飼えるようにしたシステムなんですね。

これで受け入れるキャパが増えれば管理センターで引き取り手のない、処分が間近の子を優先して受け入れる余裕ができます。そして単身者だからと断られたり、生活保護だからと断られた場合など、猫を飼いたいけど譲ってもらえなかった人などに預かってもらう仕方で飼う事ができます。

一時期、多頭飼育崩壊があいついでキャパが崩壊して150を超える猫がツキネコに舞い込んだ時、とてもじゃないけどと知り合いを通じて私にも声がかかり、利用したかったけどペット厳禁なのでできなかったんですよね。

そのときはペット用品やトイレや猫砂など、セットで渡すから預かってあげてくれというかんじでしたね。今はどうかわかりません。

画期的な取り組みだね!諦めた人は猫と触れ合えるし、猫も実家みたいなツキネコという帰れる場所がある!

受け入れられるキャパシティが増えるって凄い!

東条

知ったときは正直興奮したね、画期的過ぎて!定期的に猫の確認にも伺えるし、変な奴だったら取り返すことも出来る。

手遅れになる悲しいケースが起きたらこの制度自体が危ぶまれるが・・・。

そんなわけでツキネコ北海道を今回はご紹介させていただきました!

スポンサーリンク

 

 

 

全国に広がって欲しい!永年預かり制度!

よく猫ブームや多頭飼育崩壊、高齢化による遺棄などで手放される猫は多くおり、高齢化による遺棄は犬も多くいます。やはり老齢や病気など、飼えなくなってしまう理由はその2つが多いみたいです。

そこで「最初から飼うな!と怒る人もいます」と最初に触れましたが、個人的にこの部分、この日本という国において限定して考えるのならば私は賛同しかねる部分もあります。

高齢者や先が見えていそうな人に猫を渡してくれるのはペットショップぐらいです、ペットショップは買い手のつく猫と付かない猫がいて年齢が上がるにつれて買い手はどんどんつかなくなります。そして最終的に処分価格で売れなかった場合、文字通り処分です。

ごく一部の良心的な店は譲渡会や保護団体を活用して里親を探してくれるみたいです

それ以外は実験動物として売られたり、ブリーダーに返却して繁殖用として無残な末路が待ってます。一番いいのは先進国にならいペットショップを規制して登録制できちんと管理をする事、しかしそれが出来ていない現状、その子が助かる道は売れるしかないのが現状です。

そのため「買う存在が必要」なのです。勿論、ペットショップとブリーダーを潰すために不買運動をして物理的に潰すのも方法の1つでしょう。しかしどれぐらいの時間がかかるか分からないですし、その影で葬られるペットの犠牲は物凄い数に登るでしょう。

不幸なペットを無くすには先進国のようにきちんと管理するしかない、それでも出てくるんです。

そこでこのシステムが全国に広がれば今パンクしそうな保護猫団体も、預かり手になりたいという人に一旦預けて受け入れ余地を作る事ができて受け入れ態勢を整えることが出来るのです!

多くの動物の処分寸前の命が救えるようになるんです、そして病気や事情で諦めようとしてる人も期間限定で預かると言う形で飼うことができるんです!

是非紹介して広めて欲しいシステムです!

 

痛ましい事件だけは避けねばならない!

この制度はだれでも利用ができる訳じゃありません、まず面談があって相談から始まります。そして猫を選ぶことはできません。

愉快犯や虐待目的の変なのが利用しに来て、事件を起した場合このシステムの存続が危ぶまれます。その結果キャパシティが減ることになり救える命が結局減るのです。それだけは避けねばなりません。譲渡と違って条件が厳しいわけじゃありません。

変な動画をあげたり、ツイートして注目をあびようとする頭のおかしい人間が世の中にはいるんです。折角保護した猫をそれに使われたらたまったものじゃないですよね!

ちなみに海外の事例ですが、保護した豚をペット用として譲ったのに飼い方が分からないとして、勝手に飼い主がその豚を食べたんです。これには団体も激怒して、飼い主を訴えましたが犬や猫と違い豚だからと無罪だったようです。

日本の司法を考えると似たような判決も出かねないので、そればかりは仕方ない話だと割り切る必要があります、未来の猫ととそして自分が預かった子が次に安心して預けられる人の下へいけるためと考えてください!

東条

多頭飼育崩壊後は仔猫も多いだろうし、1歳ぐらいの丁度いい猫もおおいだろうな。

預かり期間を信用期間として、もし若い一人暮らしとかで断られた口で利用してる人もいるだろうしね。

そのまま引き取りたいと希望したら面談で引き取らせる裏道があってもいいかもな!

是非他の保護猫団体で、キャパオーバーしてるところに広がり、いい結果に繋がればいいなと思います。

 

ツキネコ北海道!

知人のその関連の話しで存在はしっておりました、そのためこちらでも紹介するつもりでカテゴリーやサイドバーに紹介団体欄みたいなのを用意しておいたんです。

建物自体は通学路で通ったことはあったのですが、何の施設かまではそのときまで知らなかったので。

まあ賃貸でペット厳禁でなければ利用したかったなあと思いますね、猫好きなので!そしてこうした団体なので拡散や他の団体にも届くようにブログを使って、積極的に発信して行きたいと思います。

  1. 譲渡会や一般の保護団体だと条件が厳しい!

    単身者はダメとか、高齢者はダメとかいろいろ条件が厳しくて諦めた人が大勢います。

  2. 年収や住いなども根掘り葉掘り聞かれる。

    これはしょうがないですよね、例えば引越しの可能性のある賃貸かもしれないし、ペット可かどうかも怪しい。そして病気の時に治療費をケチったりしないかどうか。時間と苦労をかけて助けた命です、そんな余力の無いドケチになんて譲渡なんかできる訳ないですよね。

  3. 変な奴も増えているせいで、生存報告のようにチェックがあったりする。

    本当に猫が生きているか、外に離して帰ってこなくなっていないか?など確認するため定期的に写真や動画を送るよう要求するところもあれば、訪問するところもあるようです。

そのため「不幸な猫!人気のなさそうなのを引き取ってやるぜ!お互いモテないもの同士よりそって暮らそうぜ!」と意気揚々と譲渡相談に行ったはいいけど、上記で心が折れて帰ってきて「それだもん、引き取り手なんて現れねえよ!」と体験談を語る人がいます。

それで最後は「ペットショップはなくならないわけだ、オレみたいなのにも売ってくれるんだもん」で終りです。

スポンサーリンク

まとめ

途中譲渡の条件厳しさの話になりましたが、これらの人が活用できるように一時的(本人申し出の永続的)に猫を預かれる制度を「ツキネコ北海道」が考案したんですね!

高齢者や病気が悪化しそうな人など、いざと言うとき返せる場所があるので猫も安心!極論を言うと一ヶ月とか短期のためにわざわざ申し込みにいく物好きなんていません。

リセマラのように猫をガチャのように返します!預かります!返します!預かります!(美猫キーター!!)なんて奴に預けるわけがありません、そのための面談です。

あからさまな奴は弾かれますし、「期待したのと違う」とあからさまに返して「別なのにして」ってのは普通に考えて通じる話じゃありません。勿論「この子うちに馴染まなくて様子を見に来てあげてくれるかい?」となって、この子は預かりに向いてなかったとなれば、他の子どうですか?となる可能性もあります。

勿論、猫の様子が預ける前と激変していたら虐待を疑われたり、原因追及のため持ち帰ったあといろいろ猫の診察や調べたりする事もあるでしょう。

それでは振り返りますね。

  1. 「ツキネコ北海道」で活気的なボランティア制度がでる!
  2. 永年預かり制度で猫を預かり病気など、本人申告で返すことができる!
  3. 保護猫の受け入れも広がり、猫も飼う経験ができて両者がとくな制度である!

個人的には審査で譲渡は通らない身です、持病や多重合併症に加えて単身者です。もしアパートで猫の許可が出るようなら、是非利用したいなと思いますね!

最後までお読み下さりありがとうございました!この記事が皆様のお役に立ちますように!そしてキャパオーバーで崩壊寸前の団体は是非とも、この制度を前向きに検討してみていただければと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

初めまして、東条 司と申します。男性で平成元年生まれで今年三十路となります。犬と猫なら猫派です。 持病は化学物質過敏症を始めとして、合併症として線維筋痛症、筋痛性能脊髄炎/慢性疲労症候群、脊椎関節炎、躁うつ病などを持っております。そのため、就職して働く事が難しくクラウドソーシングや在宅ワークノウハウを駆使して収入を得ております! ちなみに名刺の肩書きはフリーライター兼クラウドソーサーとなってます。自分の事で手一杯で単身の一人暮らしです(^^;) 昨年、自分の幼少期と供に育ってきた猫が虹の橋を渡りました。25歳の大往生です。身体が昔から弱くてこの子は長生きできるのだろうか?と常に心配していたメス猫でしたが、まさかここまで長生きしてくれるとは思っても見ませんでした。