子猫用ミルクが用意できないとき!代替手段として大丈夫な方法

スポンサーリンク




今回は子猫用ミルクが用意できない時に、その日だけやり過ごせるような代替手段をご紹介します。

子猫を拾うタイミングは様々で、時間帯によってはお店が閉まっている場合があります。そうなると子猫用ミルクなど用意ができません。

あー、確かに見てたら時間帯でお店が閉まってます!病院が閉まってます!というツイートとか結構見る気がする!

東条

ちなみにサイトとかで、コンビニでも最近だと子猫用ミルクが置いている場所もあるよ!と教えてくれていたりするので、近所のコンビニ数箇所を見たけど。成猫グッズはあったり、大手チェーンだと猫砂とかもあったりするけど、子猫用ミルクまでは見なかったね。

しかし深夜帯などで頼りになるのはコンビニぐらいしかありません。

そこで、コンビニで用意できるもので一時的に子猫用ミルクが買えるまで、1から2回ほど代用してもいいものをご紹介します!

一時的なの?

東条

そう、あくまで空腹を満たして下痢をしないためのあげていいものだからね。それをあげ続けたら、成長必要な栄養が足りないからね。

スポンサーリンク

 

 

 

危険なのは脱水と低血糖症状!砂糖水を温めて与える方法!

子猫に温めた砂糖水を与えるなんて、そんな「カブトムシじゃないんだから・・・」と思われるかもしれません。しかし緊急性の高い場合、子猫にとって危険なのは脱水症状と低血糖の状態です

そのため水分と糖分を摂取するという点で、その場しのぎとして砂糖水は手っ取り早い手段となります。

ほんのり甘さを感じる程度の薄さで作ります、そして人肌程度に温めて与えます。子猫に流し込むように与えるのではなく、少しずつ湿らせてあげる形で子猫が舐め取る仕方で与えるのがポイントですね。

スポイトで流し込んでもミルクじゃないので、恐らく飲み込まないで吐き出したりそのままこぼしてしまうオチかと思われます。

さ、砂糖水ってありなんだ・・・。

東条

あくまでも猫用のミルクがなくて、緊急手段として一回か二回程度の代替手段だけどね。ちゃんとその後猫用ミルクをあげないとダメだよ。

砂糖水には栄養が無いからね。

 

無乳糖の市販ミルク!

人間用の牛乳を与えてはいけないという情報が今は出回っており、下痢をして命を落とすという注意がアドバイスで必ずなされます。

そのため牛乳=NGみたいなイメージがあるかと思われます。

しかし、その場しのぎの一時的措置ならば与えてもいい種類の牛乳があります!

無乳糖と呼ばれる種類のミルクです。乳糖不対症という方が飲まれるもので、スーパーやコンビニなどで普通に販売されているようです。

ちなみに低脂肪と混同されがちですが、低脂肪牛乳とは違いますのでお間違いのないようお気をつけください。

乳児用の粉ミルクになります。

勿論こちらも温めて人肌程度にして与えるようにします。低体温も子猫には危ないのでくれぐれも冷たいまま与えないようご注意ください。

今度コンビニにあるか探してみようっと!

東条

低脂肪牛乳と間違えないようにね。

東条さん、これでも私女性だよ。子供用に関しては、男性よりしっかり家庭科で勉強してるつもりだけど?

東条

それもそうか、失礼いたしました。

 

スキムミルク!

ここからは少しリスクが出てきます。

脱脂粉乳と呼ばれるスキムミルクですが、乳糖が含まれております。そのため一時的に与えてその場しのぎに使うことができるといえ、下痢をする可能性が出てくるものです。

いくつか子猫の情報サイトで一時的に与えてもいい!と紹介されているものですが、注意事項があるのと無いのとでわかれて来ます。

そのため、与えても大丈夫だと思い込んで下痢は別の要因だと思い込んでしまう危険があります。

あくまで一時的な措置なので、翌朝には猫用ミルクと獣医にかかれると思いますが、猫の衰弱状態では手遅れになるケースもあるでしょう。

ポイントとして与えすぎないで、下痢をしないか注意をしながら少しずつ与えるという方法が安全です。

勿論こちらも人肌程度の暖かさにして、薄めて与えましょう。

 

代替手段はあくまで代替手段!

今回ご紹介したものは猫を保護した時間帯が夜などで、お店が閉まっていて猫用ミルクが用意できないという緊急事態を想定した代替手段です。

代替手段はあくまで代替手段です

これらの方法では子猫が成長するための必要な栄養が取れません、そのため一回か二回だけ使う措置だと考えてください。

  1. 代替手段の多用は危険!

    猫の成長を阻害するだけでなく、物によっては下痢をするものもあります。勿論、砂糖水だけで生きていけるのは短命な昆虫ぐらいです。

  2. 一時的、本当にその場しのぎとお考えください!

    何も与えないよりは入れたほうがいい、場合によっては脱水と低血糖症状で危険がある。それを回避するための手段と割り切ってください。

  3. スキムミルクのように様子を見ながら与える必要のあるものもある!

    また他のサイトでは牛乳を与える方法などもご紹介されております、万が一を考えて下痢をしないか様子を見ながら代替手段を慎重に与えるにこした事はないでしょう。

砂糖水に関しては下痢にいたるなどは考えにくいものです、問題は濃さですね。場合によっては深夜対応をしている動物病院へ連絡して、相談する事も考えた方がいいかもしれません。

東条

サイトによっては紹介しているものは同じなのに、注意事項はあったり無かったりと本当に色々あります。一番必要なのは本来のやり方と違うものを一時的にしていると忘れずに、何かあるかもしれないと慎重になりながらあげることですね。

難しいねえ。

東条

健康な子猫なら大丈夫かもしれないけど、弱っていたらそれこそすぐ下しちゃうとかあるからね。慎重になるにこした事はないさ。

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

今回は緊急事態でお店の開いていない、猫用ミルクが入手困難な状態を想定して代替手段をご紹介させていただきました。

ただ重ねて、最近は猫用ミルクがあるコンビニがあるので、必ずしも入手が困難というわけではありません。ただし全ての地域で店舗に扱いがあるわけじゃないので、注意が必要です。

そのため今回はこれらの手段をご紹介させていただきました。

それでは振り返ります。

  1. 子猫の脱水と低血糖状態が危険である!
  2. 砂糖水・無乳糖・スキムミルクなどが代替手段として使える!
  3. これらはその場しのぎなため、翌朝なるべく早く猫用ミルクを入手して早めにあげるべし!
  4. サイトごとで必要な注意が無い場合もあるので、情報サイトは複数見比べてから活用した方がいい!

4に関しては手間に思えるかもしれませんが、命を預かると考えたら省いていい問題ではありません。正確性と客観的に情報を判断できるためにも、是非とも複数の情報サイトを活用して見比べましょう。

東条

まあ、1回か2回なので問題はないかと思われますが、本当に子猫の状態次第ですよね。弱っていればそれだけデリケートになっている場合が多いです。

じゃあ、弱っていて獣医に行くまでは砂糖水のほうが安全かもしれないね・・・。

東条

余計なものというか悪いものは無いからね、その代わりいいものもないけれど。

最後までお読み下さりありがとうございました、これらの情報があなたと猫のお役に立ちますように。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

初めまして、東条 司と申します。男性で平成元年生まれで今年三十路となります。犬と猫なら猫派です。 持病は化学物質過敏症を始めとして、合併症として線維筋痛症、筋痛性能脊髄炎/慢性疲労症候群、脊椎関節炎、躁うつ病などを持っております。そのため、就職して働く事が難しくクラウドソーシングや在宅ワークノウハウを駆使して収入を得ております! ちなみに名刺の肩書きはフリーライター兼クラウドソーサーとなってます。自分の事で手一杯で単身の一人暮らしです(^^;) 昨年、自分の幼少期と供に育ってきた猫が虹の橋を渡りました。25歳の大往生です。身体が昔から弱くてこの子は長生きできるのだろうか?と常に心配していたメス猫でしたが、まさかここまで長生きしてくれるとは思っても見ませんでした。