猫の病気?歯石によるトラブルにより顔面が腫れてしまう!

スポンサーリンク




これはチャコが猫カビ以外で、経験した怪我?病気で大きなものです。

 

歯に歯石がたまってそれが、炎症を起こし化膿したことにより顔面がボッコリ腫れてしまった事があります。

 

だいたい14か15歳ぐらい、シニアに入っているぐらいですね。猫に歯磨きなんて発想はまずありませんでした、予兆も変化も無くあるひ突然に顔の頬がボッコリと腫れたのです。

ちなみにこの画像のときはもうその手術が終わった後の時期に、撮った写真ですね。

自分で牙をゴリゴリと音を立てるような事はあったので、気にはなっていました。ただ噛み合せが悪いのか、牙の間に物が挟まったのかな?程度に思っていたので、まさかそんな大事になるなんておもっても居ませんでした。

そして施術が凄くエグくて、その後が回復するまで痛々しかったです。今回は、猫の歯石の話と普段からこまめな歯磨きの必要性を話題にしたいと思います。

ちなみに歯石の問題は獣医さんも動物の健康の秘訣として、重要なポイントとしてあげています。

普段から手入れをして、年に定期健診で見て貰う際に除去してもらえるならお願いするのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

 

歯石により頬が腫れたときの施術はエグイ!

参考までにチャコの受けた施術は、直接穴を開けて頬を貫通させて膿を直接出して患部を洗い消毒しました。そして歯石を除去して、穴が自然とふさがるまで定期的に洗浄と薬を投与して終りと言う形でした。

穴が開いたまま、毛が頬から抜けたままなんですね。

縫ったり閉じたりせずに、本当に穴が開いたままだったの!?

東条

そうだよ、頬の外側から牙が見える感じね。だから痛々しかったし、餌を食べ終わった後も食べカスとか患部に残らないように、洗浄する必要があったからね。

ひえぇ・・・よく高齢なチャコちゃん耐えれたね・・・。

東条

最初こそ入院で麻酔でフラフラだったけど、帰りたがってたのもわかったし・・・ただ大人しかったし、先生もおりこうだったと褒めてたよ。

そっか、先生に喧嘩を売る活発期じゃなかったんだね。

東条

一応、シニアだからね。

麻酔が切れてやる事が終わったら、退院して自宅で経過を診ながら通院だったので、怪我が治って患部が閉じるまでは本当に見ていて痛々しかったですね。

それがキッカケでうちで「ねこのきもち」という情報雑誌の講読が始まったんですよね、相変わらずアナログ思考でしたけど、ようやく情報を知らないとダメだと切り替えたんですね。

もう本当にそれぐらい毛が抜けて膿で患部がジュクジュクになって、べたつくように茶色く変色するんです。病院の施術してその後もふさがるまでが痛々しい、あれは飼い主からしたらトラウマ級ですね。

チャコが唯一動物病院にかかったレベルの怪我?病気でした。

スポンサーリンク

 

 

自衛手段としては普段から歯石のケアが必要!

この痛々しい病気を防ぐには歯石を溜めない、これしかありません。

そのためには歯磨きをしてあげるぐらいしかないです。理想としては小さい飼い始めの時から、歯磨きの習慣を覚えさせて慣れさせておくのがいいでしょう。チャコは老後いきなりやり始めたので、最後までなれてくれませんでした。

まあ貧困には変わらないので、人間の子供用の小さな奴でやってましたからね。

ちなみに猫用の歯ブラシはきちんとあります。

ライオン ペットキッス 指サック歯ブラシ (1本) 犬猫用 ハブラシ デンタルケア
created by Rinker
¥542 (2020/01/27 07:06:35時点 楽天市場調べ-詳細)
 
created by Rinker
¥1,221 (2020/01/27 07:06:35時点 楽天市場調べ-詳細)
 

他にも探せば種類はありますし、動物病院の先生からお勧めを聞くのもいいかと思います。

東条

チャコには歯磨き粉なんて使ってなかったけど、猫用もちゃんとあるもんだなあ・・・。

新見

そりゃ歯石だからな、といっても溜まったのをガッツリとるには麻酔で道具を使わないと無理だが。まあ普段の予防としては、それなりに有効だろう。

勉強している獣医なら効果のないものとか、きちんと調べてたり比べて情報を持っていたりするから、その点信頼できるかかりつけ医で聞くのもありだ。

東条

うちは貧困だったからなあ・・・。

ちなみにチャコはその一回だけでした。本当に顔が膨れたと思ったら毛が抜けて、茶色い汁が出てとんでもない事になったので大事件でしたね。

本当に痛々しいですし、麻酔でフラフラしてるのに病院で帰りたがるチャコを見ると本当に可哀想で、飼い主としてもっと早く気付いてやれなかったのか?と思うしかなかったです。

東条

また飼い主の姿を見ると帰れる、迎えに来てくれたと期待してフラフラしながら立ち上がるんですよね。それが本当に申し訳なさ過ぎる!これは一度味わったら、二度とこんな目にあわせてなる物かと思いますね。

後悔することのないように、普段から予防できるなら予防することをお勧めします。

スポンサーリンク

 

 

歯の健康は健康寿命に直結する!

歯の健康は健康寿命に直結します、動物も人間もこの点は同じですね。

チャコが歯石で化膿した事例では「歯が折れるかもしれない、また自分で折るかもしれない」と獣医から聞いてましたが、奇跡的におらないですみました。

恐らく25年の長生きもそこがターニングポイントとなっていた事でしょう。そこで牙を失っていたら、餌も食べにくくなってさぞかし生活に不自由が出ていて、その後の食事に支障が出て食べれなくなっていた事でしょう。

なので痛々しい事件でしたが、予防意識が出来たことは大きかったですね。

チャコの事例から学べる事
  1. 猫にも歯石がたまる!

    人間と違い自分で歯のケアが出来ません。なので飼い主がしてあげる必要があります。

  2. 歯石がたまると炎症がおきたり、また歯周病など歯を失う病気になる可能性もある!

    重ねて歯は健康寿命に直結します。ケアをしてあげて、普段から予防してあげることが大切です。

  3. 歯磨きだけでは完全に歯石の除去はできないので、本格的な除去は獣医じゃないとできない!

    人間の歯石とおなじです、固くて無理にやると歯が傷付いたりします。そのため専門の機械でやる必要があります。またペットの場合は長時間口を開けるのが無理なので、全身麻酔が必要になります。

年齢次第では麻酔事態がリスクになる場合があります。かかりつけの獣医さんによく相談して、出来る限り歯磨きをマメにしてあげて、見てもらい極力本当に必要なときだけするようにしましょう。

チャコの場合、致命的な病気でなかったので良かったですが、それでも見た目の痛々しさには変わりはありません。一生忘れる事はないでしょう。

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

今回は猫の病気で、歯石がもたらす口内の炎症をご紹介させていただきました。

本当に穴があいたままふさがるまで、生活しないといけない。そしてその穴に水をかけて洗浄して、染みるのを我慢させて治るまで通院もする。猫にストレスを強いるという生活を続けないといけないのです。

それをチャコは一ヶ月以上頑張ってくれました。

自家用車もない貧困家庭なので、みんなキャリーバックをもって歩いて動物病院まで数十分、ご老体の猫に我慢させて家族も頑張りましたが・・・。

あの痛々しさは本当に見るのも辛いし、口を閉じてるのに外から牙が見えるくらいの大きな穴が顔に空いてる状態というのは、本当に思っている以上に痛々しいものです。

どうか予防してあげてください。それでは振り返ります。

  1. チャコの事例から歯石が頬の炎症と化膿を起こした事例を紹介しました。
  2. 施術が物凄い外科的なもので、痛々しいものです。
  3. 歯石は家庭で完全に除去できませんが、ある程度は歯磨きとで予防する事はできます。
  4. 猫用の歯ブラシと歯磨き粉が売っております!

歯石ケアとか今は色々商品があるので、そうしたものを使うのもいいかもしれませんね。

余談ですが全身麻酔は決していいものではありません、年齢でリスクが伴いますし事故もあります。そのためやらないのが一番安全なのです。

上手くかかりつけの獣医で、猫や犬の歯の磨き方を聞いて小さいうち、飼い始めの段階で是非とも歯磨きをやってあげてください。

それが予防になります。

東条

まあ貰った段階で大人でもう大きいとか、保健所で引き取った大きな猫とかならまた考えものだけど、途中からやって腫れなければ獣医で施術してもらう費用も減ると思ってやるのも悪くありません。

新見

獣医で施術すると場合により万単位かかるからな、猫用歯ブラシ歯磨き粉で二千円いかないのだから、比較したらどっちがお得で安く済むか一目瞭然だろう。

その後の定期検診とかで状態を見てもらいながら、相談だってできる訳だしな。ただ手遅れな場合は獣医でもどうしようもない、それだけは覚悟して欲しい。

東条

可哀想な話だけども、それだけは仕方ないよな。保護猫団体とか多頭飼育崩壊案件が多くて、保護数が多いから手が回らないなんてのもあるしで、出来ない背景もあるしね。

今回はチャコの事例から実際におきた病気をご紹介させていただきました、重ねて歯のトラブルは健康寿命に直結します。

最後までお読み下さりありがとうございました、この記事が皆様のお役に立ち猫ちゃんの健康を守るお役に立ちますよう願ってます。

チャコの経験が全ての猫のお役に立ちますように!

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

初めまして、東条 司と申します。男性で平成元年生まれで今年三十路となります。犬と猫なら猫派です。 持病は化学物質過敏症を始めとして、合併症として線維筋痛症、筋痛性能脊髄炎/慢性疲労症候群、脊椎関節炎、躁うつ病などを持っております。そのため、就職して働く事が難しくクラウドソーシングや在宅ワークノウハウを駆使して収入を得ております! ちなみに名刺の肩書きはフリーライター兼クラウドソーサーとなってます。自分の事で手一杯で単身の一人暮らしです(^^;) 昨年、自分の幼少期と供に育ってきた猫が虹の橋を渡りました。25歳の大往生です。身体が昔から弱くてこの子は長生きできるのだろうか?と常に心配していたメス猫でしたが、まさかここまで長生きしてくれるとは思っても見ませんでした。